加齢臭とワキガの対策

加齢臭とワキガの対策

男性、女性に限らず「加齢臭」と「ワキガ」って気になりますよね。どちらも自分ではあまり気づかないのに、他人に対して知らないうちに不快な思いをさせてしまうので「できることなら一生臭ってほしくない・・・」と誰もが思うはずです。

 

加齢臭とワキガは似ていますが、厳密には違うため、対策も変わってきます。

 

ワキガは汗、加齢臭は皮脂が原因

まず、そろぞれの原因を比べてみましょう。

  • 加齢臭・・・皮脂の酸化で発生する「ノナネール」が原因
  • ワキガ・・・アポクリン腺から出る汗

加齢臭は中年男性なら常に臭っているのようなイメージがありますが、それは汗ではなく皮脂が関係しているからです。皮膚から分泌される皮脂は酸化して「ノネナール」という物質に変化するのですが、これが加齢臭の原因だと言われています。

 

ノネナールは男性なら30代を過ぎてから、女性なら閉経後に発生しはじめます。(一定の年齢から発生するのは、加齢によって抗酸化力が衰えるからです)

 

 

一方、ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因です。汗の出る部分を「汗腺」というのですが、汗腺には2種類あり、運動で汗が出るのはエクリン腺と呼ばれる腺です。

 

エクリン腺から出る汗は塩分を含んでいるため、雑菌が繁殖しにくく、放置しておくと臭くなりますが、ある程度までだったら比較的少ない臭いしかしません。

 

しかし、アクポリン腺から排出される汗は塩分を含んでおらず、雑菌が発生しやすくなっています。そのため短時間で悪臭を放ち始め、ワキガとして認識されてしまうわけです。

 

ワキガ治療 東京